残っているローンどうする?

残っているローンどうする?

売却のことばかりに目が行ってしまうと、ローン残債が残ってしまっている物件のローンについて忘れてしまいがち。
ローンについては、不動産が売却されようとされなかろうと、毎月のしかかってきますね。
それはとても重いものなのです。

 

ここ数年、リストラや給与の引き下げで不動産を購入しても手放す人が増えてきています。
元々、毎年のように給与が上昇すると見込んで無理なローンを組んだために家計に重くのしかかり、負担が大きくなって
不動産売却となるケースが多いような気がします。
このようなケースは、本人の問題だけではなく、あまり先のことを考えずにローンを組ませて購入させるような不動産を売る側にも問題がありますね。
多くの場合、途中で手放すことにより、どうしても借金を背負ってしまうことが多いようです。
不動産売却や購入の際に手数料もあるので思ったより出ていく金額は多いような気もします。

 

まずは、購入の際に頭金と呼ばれるものを多く準備することが大切です。
親から出してもらえるという人は、甘えみてもいいと思います。
次に、ローンの金利も固定にするか変動にするかで大きな違いがありますが、ローン期間が長く掛かるようでしたら固定の方が安心でしょう。
また、繰り上げ返済に関してはローンを組んで間もない時期にしていく方がローン期間を短くする効果があるので早めにしていくとよいでしょう。