売り急がないこと

売り急がないこと

不動産一括査定と言ってみても、やはり相手もプロの業者ですから、私たちがどのような状況に置かれているのか?
そのあたりはチェックしています。
例えば、売り急いでいる場合はどうしても安い金額の査定になりがち。
私たちも、売り急いでいたとしてもその状況はあまり見せないほうが良さそうです。
売り急いでいれば、業者もどうにかよい査定額を提示してくれるかも?なんて、甘い考えを持つのは止めておきましょう。
相手も仕事であって、ボランティアではないのですから、何も状況的にわかりません。
というより、売り急いでいる状況を見せると査定額が下げられてしまうので、逆効果なのです。

 

あくまでも、他の業者にも頼もうとしている風な雰囲気を出す方が足元を見られずに済みます。
不動産に限らず、足元を見られるようだと私たちによいことって全くありませんから。
残念ですが、それが現実ですよね。

 

上手に売りたければ、こっちが売ってあげます的な雰囲気を出してもいいくらいなのです。
「ほかの業者と比べて考えてみます」そんな雰囲気を出しましょう。
複数社の見積もり後に、どうしてもあなたの土地やマンションを買い取りたい雰囲気だった業者には、駆け引きも必要でしょう。
例えば、
「A社で○○○万円の見積もりが出たけれど、そちらがそれよりプラスして○万円出して下さるなら売ってもいいですよ」というように。
もし、この駆け引きであまり反応がよくなければ、あなたの所有している不動産が残念ながらそこそこの価値ということかもしれません。